2018年納涼会@カナルカフェBBQ

三育会では毎夏、家族参加OKの納涼会が行われています。

これまでは屋形船でしたが、急患で診療が遅くなったりすると
乗れない先生がいらしたこともあり、
今年は神楽坂のカナルカフェのテラスでBBQとなりました🍖

が、当日は東京も台風…
急遽、室内でのお食事となりました。
エアコンの効いた室内は、むしろ快適だったかも!?

夏休みのスタッフも多く全員参加ではありませんが、
365日24時間の医療体制・多職種協働のため、
普段会う機会の少ない人もいて、このような会は貴重です。

家族のお話を伺うと、そんな一面もあるんだ!と
みんなで笑ったり、、

今年も楽しいひと時となりました。

飯田橋カナルカフェ

台風でしたが撮影の時は雨が止んで綺麗な川辺の夜景が楽しめました

第 2 回 在宅医療政治連盟 講演会

「在宅医療政治連盟」は、現場の「声」を政治に届ける活動を行っています。
平成 30年 7月 4日 (水) 第 2 回講演会が開催されました。

新田國夫先生(在宅医療政治連盟顧問・全国在宅療養支援診療所連絡会会長)から、
「在宅医療の現状と今後の課題について」をテーマとしたご講演がありました。

当日は新宿ヒロクリニック院長の英が司会を勤めさせていただきました。

在宅医療政治連盟

今枝宗一郎衆議院議員など政治家の方々、全国の診療所から医師・スタッフ、薬局の方々などが参加しました。 

在宅医療政治連盟

多くの方が参加し盛況な会となりました。

在宅医療政治連盟ホームページ

台湾在宅医療学会の方々が研修にいらっしゃいました

今日と明日の2日間、当院に台湾在宅医療学会の方々が研修にいらしています。

今日は学会所属の医療ソーシャルワーカー・ケアマネージャー・通訳の方々が、
訪問診療に同行されました。

台湾在宅医療学会の方々が研修にいらっしゃいました

「とても丁寧な診療に感激しました」とご感想をいただきました。左:新宿ヒロクリニック 兼村俊範医師 右:新宿ヒロクリニック 医療コーディネーター新井

通訳の五十嵐さんにお話を伺いました。

台湾は2018年に高齢社会になりました。高齢化率は14パーセントを超えました。
2025年には超高齢社会になります。高齢化率は20パーセントを超えます。」

現在、台湾の在宅医療は介護保険制度もまだなく、訪問看護ステーションも夜間や土日は対応していないところがとても多いそうです。

そこで、20数年間先行事例のある日本の在宅医療を良いお手本とし、台湾の実情にあった在宅医療を目指したいとのこと。

明日も訪問診療の現場を見学される予定です。

台湾在宅医療学会の方々が研修にいらっしゃいました

熱心にメモを取るケアマネージャーさんと通訳の五十嵐さん。

台湾在宅医療学会の方々の研修

院内にて記念撮影。台湾在宅医療学会の医療ソーシャルワーカーさん・ケアマネージャーさんと。(中央:英院長)

台湾在宅医療学会では、「在宅医療」をテーマにカフェ機能を持ち合わせている書店などで談話会を定期的に開くなど、社会啓発活動も意欲的に実践されているそうです。
台灣在宅醫療學會
 https://tsohhc.org/

【新年】外来診療は1月4日からです

今日は、年内の外来診療最終日でした。
診療後に院内でおつかれさま会が開かれました。

IMG_3491IMG_3480

 

先日は、近くの和食屋さんで忘年会が開かれました。

理事長の英とじゃんけん大会、盛り上がりました。

理事長の英とじゃんけん大会、盛り上がりました。

 

【外来診療】1月4日からとなります
【在宅医療】24時間365日体制です

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。