難題

おはようございます。

とあるセラピストです。

先日外来でリハビリをしていた際聞かれた質問。

”どれくらい歩けば膝にいいんですか?”

これよく聞かれる質問です。

そしてこの質問は難題なんです・・・

 

とあるsystematic review and meta-analysis。

結果は・・・わからないようです。

 

リハビリ小噺 ⑬

訪問リハビリの現場では日々、様々な会話が繰り広げられています。

少しだけご紹介させていただきます。

 

「なまりは国の手形」

私は「なまりは国の宝」と覚えていました。

というのも、母がそう言っているのをよく聞いていたからです。

私の母親は青森県青森市出身。

津軽弁のネイティブです。

上京したての若い頃は口を開くたびに「なまってる」と指摘され

嫌な思いもしたそうです。

 

たくさんの地方出身者が集まる東京。

同じような経験をされた方も多いのではないでしょうか。

 

でも、なまりも大切な個性。

こんなお話もあるようです。

 

Lさんは北関東のある地方のご出身。

Lさん「ここに来てからもう何十年も同じお米屋さんにお願いしてるのよ。」

私「へぇーすごいですね。最近はお米屋さんも少なくなりましたもんね。」

Lさん「いっつも電話で注文するんだけど」

私「ほう」

Lさん「私はなまりが抜けないから、もう『もしもし』だけでわかっちゃうのよね。」

私「えっ?『もしもし』だけ⁉」

Lさん「そうよ、『もしもし』だけで米が届くんだから。」

 

恐れ入りました。

なまりのことよりもLさんのお人柄で

とっても良い関係が築けていることが素敵ですよ。

 

筋トレと食トレ

昨年4月より外来リハビリテーションを担当している理学療法士です。

度々ブログに登場しております筋肉体操ですが、
昨年は流行語大賞にもノミネートされましたね。
その言葉は・・・「筋肉は裏切らない」

現在は第二弾が披露され、更にハードなトレーニングを続けております。

今は運動以外にも食事にも注目をしておます。
適切な栄養素を摂らないと筋肉量はつかず体脂肪が増えてしまうからです。

細かく調べるのは正直難しい為、
まずは以下2点だけ意識しております。

①毎食「片手のひら分」の魚・肉・卵・豆類等のたんぱく質を摂取する
→必要たんぱく質の摂取量がイメージしやすいです。

②甘いものは、洋菓子よりも和菓子にして1日の総摂取カロリーを減らす
→甘いものは食べない!ではなく「変えてみる」という気軽さがポイント。

1日10分の運動で
目指せ、体脂肪率-3%!!を目標に続けていきます。
(現在-1.5%)

インフルエンザ予防

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
毎日寒い日々が続きますが、皆さま風邪など惹かれていないでしょうか?

早速、インフルエンザも流行してきていますね…

今回はインフルエンザの予防について調べてみました!

①手洗い・うがい・マスク等でウィルスの体内への侵入を予防しましょう

②室内の加湿、こまめな水分補給にて、喉や鼻にある「線毛」の働きをたもち、ウィルスの侵入を防ぎましょう

③睡眠・休養をしっかりとりましょう

④バランスの良い食事をこころがけましょう

これらは、インフルエンザだけではなく、風邪等の予防にも効果的です。

我が家でもこれらのことを心掛けています。特に小さい子供や高齢者は免疫力が弱いので、直ぐに体調を崩しがちです。

皆さまも体調管理に気を付けながら、2019年も元気に過ごしましょう!!