歩行頻度

おはようございます。

最近鍛えてます”とあるセラピスト”です。

鍛えることに関連して、患者さんに必ず聞かれる質問があります。

「一日にどれくらい歩けば足に良いんですか?」(歩行頻度と軟骨)

http://www.oarsijournal.com/article/S1063-4584(17)30925-1/abstract

systematic review and meta-analysis。

生物全般を対象にしたようです。

結果は・・・わからないそうです。

日々の運動と生活習慣が未来に影響をあたえると思います。

根性論になりますが生活習慣を気をつけましょう。

 

健康教室第二弾

本日は告知!

平成28年11月11日10時より新宿ヒロクリニックで家族みんなの健康教室第二回目が行われます。(要予約)

当日の内容は”歪みにくい痛みにくい膝づくり”です。

膝歪みチェックから予防エクササイズの方法をご紹介致します。

当日は膝まで捲れる格好お越しください。

またお席に限りがございますので、早めのご予約をお勧めいたします。

詳しくは貼付ファイルご参照下さい。

スクリーンショット 2017-10-19 16.43.55

子供と肥満とあし

こんにちは~”とあるセラピスト”です。

変形性膝関節症の日々の臨床しながら感じている事がありまして、小さい時から肥満であった患者様と年齢を重ねているうちに肥満になった患者様のアライメントは異なる事が多いのかなと思ってます。

とある記事によるとⅹ脚の子供の最大関節内圧は外側にシフトしていたとのこと。

最近気になっていたので‘とあるメモ‘として。

アライメント

どーもこんにちは。

起床時膝の痛みで起きた”とあるセラピスト”です。

ということで今回はアライメントのお話。

今回固い所で寝ていた為、起床時膝の痛みと大腿部の前面の筋に力が入りにくい状態でした。

とあるセラピストは膝がいわゆるO脚であり、同年代に比べ膝が捻じれている状態です。

膝が捻じれている状況ですが、普段の生活の動作の中で正しい方向へ動作していましたら元に戻り痛みがとれました。

正しく動作することは改めて重要だと感じました。

~おまけ~

セラピスト向け↓

膝アライメント計測方法

intra相互再現性ともに,FTA算出方法よりも良好みたいですよ